資源になるならエコになる様に

最近の数か月は段ボールなどを資源ごみときちんと認識して、毎月2回の回収日に片付けるようになりました。
段ボールや古紙と言われるような物を資源ごみとして整理するには、いつも忙しいなんて言っているとできないもの。

ちょっとした時間のごみ出しでも生活のポイントで、これがなければ結構朝の時間帯はゆったりとしたものになるんですけどね。
段ボールなんて可燃ごみ回収の日でも良いですが、エコ活動のチラシなんて読むと熱心にエコしている事業所もあるので心がけようという気持ちになります。

住み始めてから分かっているつもりでも案外細かいところは読んでなかったり、環境に配慮するという観点からごみの分別は細かになってますが、きちんとには何かのきっかけも必要と思えた暮らし方。